タメグチ

最近、テレビなどを見て感じた事がある。

それは、人間は人格が形成されると、話し方が穏やかになったり、丁寧になったりするという事だ。
つまり、「出来た人」はタメグチを聞いたり、相手を見下すような話し方をしないのだ。

大阪の森友学園の問題に関連して鴻池議員が記者会見で述べていた「無礼者」というフレーズ。
自分はとても違和感を感じたのだが、最初は「年寄りの時代錯誤的な発言」程度に思っていた。
しかし、テレビで何回も観ているうちに気がついた。
身分の高い人は「無礼者」とは言わないのだ。
「無礼者」と言うのは、身分の高い人間に仕える側近や近習が主君へ無礼を働いたものに対して言ったり、辻斬りをするような浪人などが町人などに対して言う輩のセリフなのだ。
そう、高貴な人間は「無礼者」と自分で言わない。
別に鴻池議員が高貴でなくても構わないのだが、偉そうにしてる人間が自身で言ってしまうと途端に陳腐化する言葉なのだ。

同じようにタメグチも使用法を気をつけた方が良いかも知れない。
先日、元サッカー日本代表の北澤選手が三浦知良選手について語っていたが、インタビュアーに対してタメグチで答えていた。
これも前述の「無礼者」と同じく、小さな人間が自分を大きく見せようとする行為だ。
同じ番組に出演していた三浦知良選手やゴン中山は敬語や丁寧語でインタビューに答えていただけに、北澤選手に感じた不快感や嫌悪感は大きかった。

僕は日本一タメグチの使い方が上手なのは俳優の大泉洋ではないかと思っている。
彼のタメグチにはまったく不快感や嫌悪感を感じない。
多分、彼自身に不遜な気持ちが無いからだろう。
タメグチを聞いているのに、相手を尊重しているように聞こえるのはとても希有な事だ。
やはり人間は謙虚であらねばと思ってしまう。

ちなみに、このブログもタメグチ口調で語っている。
ご不快な思いをさせて申し訳ありません。
関連記事
Wiki-matsudo
松戸SNS





.05 2017 テレビの話題 comment0 trackback0

Comment

Post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://matsudonokuruma.blog72.fc2.com/tb.php/540-e8f92bca

FC2カウンター

プロフィール

white

Author:white
松戸市の自動車販売店の
スタッフのたわ言です

リンク

ランキング

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
6814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
343位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新記事

管理人のお気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

廃車 軽貨物

  1. 無料アクセス解析