空飛ぶ広報室

空飛ぶ広報室は航空自衛隊の広報室を舞台にした、フィクション小説だが堅苦しさが全くない。

おたく的な知識どころか専門用語すらほとんど出て来ないのだが、なかなかどうして数年に渡る綿密な取材に裏付けされた細かな設定は、自衛隊おたくはもちろん、むしろ自衛隊に興味がない女性や、自衛隊を毛嫌いしている人こそ楽しめる内容かも知れない。

不覚にも夜中に何度も大声で笑ってしまった。
一晩で読み切るのがもったいなくて、半分程読んで眠りについたものの、続きが読みたくなってまた本を開いてしまった。

そんな小説はここ数年では夢をかなえるゾウ以来だ、と言えばいかにフランクな内容の小説か想像してもらえるだろうか。

舞台こそ航空自衛隊つまり防衛庁内部の話ではあるが、幹部候補(キャリア)と下士官(ノンキャリア)達の日常を通して、各省庁にもおきかえられる内容だ。
また、男性が思っていても決して言わないキャリアウーマンへの皮肉などは、作者が女性であるからこそ伝えたい彼女達へのメッセージかも知れない。

とにかく個性的な登場人物達がさまざまな経験や失敗を重ねて、人間的にそして社会人として成長していくストーリーにどんどん引き込まれて行く。
そして、彼等を統率する上司の広報室長がまた良い。
一見、軽薄でミーハーな上司だが、組織の人間としても上司としても有能で魅力的だ。
誰もが「こんな上司の元で働きたい」と思うのではないだろうか?

空飛ぶ広報室は自衛隊というフィルターを通して、官民問わずどこにでもある日常を切り取り軽快なテンポで展開して行くストーリーが絶妙なのだ。

まだ読破していないが、期待を裏切らない結末だろうと思う。

蛇足だが、作者の有川浩によると広報室長にはモデルが存在するらしい。
数年前に「航空自衛隊を舞台に小説を書きませんか」とオファーして来た広報室長その人だと言う。
モデルとされる本人は「主人公には遠く及びません」と謙遜していたが、現在は将官にまで出世している。

フィクションではあるが、不思議と話に現実味を帯びているのは、そんな理由からかも知れない。





Wiki-matsudo
松戸SNS





.12 2012 オススメ comment0 trackback0

さくら水産

↓さくら水産 松戸西口店
http://r.gnavi.co.jp/g070380/

安いけどおいしいです。

松戸市

特大さばの一夜干し 390円(税込409円)なんか、スーパーで買って来てもこれくらいの値段しますよ。
松戸市



お酒も安いですし、なかなか良いお店ですよ。
お寿司もにぎり寿司(9貫)で577円ですけど、この値段で文句つけたら野暮です。
松戸市

ただ、経費をギリギリにしていると思われる為、従業員の数は充分とは言えません。
混雑時には注文の品が遅くなる事を覚悟して下さい。

それでも、平日の7時にはほぼ満席でいつも賑わってます。
客層も老若男女さまざまで、みんなに人気のお店です。

Wiki-matsudo
松戸SNS





.18 2012 オススメ comment0 trackback0

うまいものや鳥良  松戸店

↓うまいものや鳥良  松戸店
http://www.samukawa.co.jp/umaimonoya/matsudo/


料理も他店にはない独創的なメニューが多く、味も良い。

スイーツも本格的なので、家族で行っても充分楽しめる。

店内も落ち着いた雰囲気でゆっくり食事が楽しめる。


あえて欠点をあげるとしたら、駅からかなり離れているにもかかわらず7時頃に行くと満席の場合が多いので、入店できなかった時のショックが大きい。

かなりオススメなお店です。



Wiki-matsudo
松戸SNS





.26 2010 オススメ comment0 trackback0

坂本冬美 - また君に恋してる



坂本冬美 - また君に恋してる
http://www.youtube.com/user/EMIMusicJapan

いい歌ですね。
もう今更この歌について語る事はないのですが、着うたのダウンロード件数も急上昇との事なので若い人にも支持されているようですね。

突然ですが僕はいわゆる演歌と呼ばれているものが、大嫌いです。
下らない歌詞をお決まりのフレーズにのせて、エレキやクラッシックギターでお茶を濁し「ちゃんちゃんちゃ~ん♬」で、曲を締めるあの演歌です。
演歌日本人のこころ」なんて言葉を聞くと、何言ってるの?と思います。

じゃあ、坂本冬美のまた君に恋してる 演歌じゃないのかよって言われそうですが、僕の中では演歌ではないです。
正しいかどうか解りませんが僕の中では「歌謡曲」です。

北の宿から」も「氷雨」も「矢切の渡し」も「みちのくひとり旅」も「津軽海峡冬景色」も名曲と呼ばれるものは、僕的には「演歌」ではありません。
むしろ、あの下品な演歌と同じジャンルにくくられる事は数多の名曲にとって不幸な事です。

演歌が支持されなくなったのは、時代的な背景ではなくオリジナリティーがなくなった事で飽きられてしまったからです。
僕が子供の頃は、大人から子供まで口ずさめる名曲が多々ありました。
それこそ「演歌」というカテゴリーにひとくくりに出来ないほど、オリジナリティーにあふれた曲ばかりでした。

演歌の世界ではシンガーソングライターがいません。
折角、才能ある歌い手達がいるのにクリエイターが育っていないため、魅力ある曲が出ない。
逆を言えば、作詞家や作曲家にもの申さない歌手にも責任はあるように思えます。

演歌が絶滅寸前なのは、演歌業界のマンネリ体質がまねいた自業自得でしょう。

Wiki-matsudo
松戸SNS





.05 2010 オススメ comment0 trackback0

フルーティー侍



YouTubeで「フルーティー侍」なるものを見つけました。

なごめますので、是非どうぞ

Wiki-matsudo
松戸SNS





.13 2010 オススメ comment0 trackback0
 HOME 

FC2カウンター

プロフィール

white

Author:white
松戸市の自動車販売店の
スタッフのたわ言です

リンク

ランキング

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
6814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
343位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新記事

管理人のお気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

廃車 軽貨物

  1. 無料アクセス解析