三振がとれない

2017年WBCで侍ジャパンはキューバを相手に11対6で初戦を飾った。
初回から最終回まで両軍素晴らしいプレーの数々で、改めて「野球は面白い」と実感した。
今回の勝因はなんと言っても守備だと思う。
初回の菊池のダブルプレー、センターの青木は後方に抜ける当たりを止めた事とタッチアップにはなったが右中間の大飛球をキャッチしたのは見事だった。
どのプレーも抜けていたら流れがキューバに傾き、さらに大量の得点を許していただろう。

一方、気になるのは投手陣だった。
なんと言っても先発の石川をはじめ、全投手がほとんど三振をとれなかった。
結果的にはアウトになっていたが、たまたま野手の正面に飛んだりファインプレーに助けられたりと、観ていて心臓に悪い事この上ない。
第一回、第二回は松坂、マー君、ダルビッシュなどエースと呼ばれる存在がいたが今回はいない。
大谷は怪我で出場出来なかったし、藤波もまだ頼りない。
こうなると、継投の妙が勝敗を大きく左右する。

星野ジャパンの北京オリンピックでは、調子が悪いにも関わらず抑えの切り札に中日の岩瀬を使い続け敗退した。
星野ジャパンが敗退した準決勝の試合で岩瀬がリリーフに登場した時、義理の母でさえ「岩瀬じゃ駄目」と言っていたのを思い出す。
60半ばのばあさんにも結果の予想出来るあきらかな失策だった。
第二回のWBCでは調子の悪かった阪神の藤川球児の替わりに、先発要員のダルビッシュを抑えに起用し見事連覇を成し遂げた。
今回のキューバ戦では、二番手ピッチャーの則本をガマン強く使っていたが、ついに辛抱たまらず交代した。
あそこで交代しなかったら大量得点を許していただろう。
それほど、投手起用は重要なのだ。

かといって、打撃はあてに出来るものではない。
そもそも打撃とは10回打って3回打てれば上出来な訳で、ましてや年間30本を打つホームランバッターも130試合で計算すると4試合に1本の割合でさえ打てていないのだ。
だから11得点なんて、たまたまでこれが毎試合続くとは考えにくい。

やはり、相手を0点に抑えるのが勝利への近道だ。
相手が0点ならば、こっちは1点で勝つ。
今回のキューバ戦では3番手以降の投手を惜しげも無く早めに交代した。
きっとベンチの方針が変わったに違いない。

今回のWBCの優勝は正直キツイ。
小久保ジャパンの首脳陣が限られた駒でどう戦うかを、そしてどこまで戦えるかを見守りたいと思う。
Wiki-matsudo
松戸SNS





.07 2017 スポーツ comment0 trackback0

ジョーンズとクラマー

エディー・ジョーンズと聞いてピンと来る人は少ないかもしれない。
今をときめくラグビー日本代表のヘッドコーチで、2007年ワールドカップでは南アフリカ共和国代表チームの優勝に貢献した人物だ。
小柄でラグビーには不向きな日本人選手たちの強みを分析し、徹底的に伸ばしてきた。
五郎丸選手が南ア戦の勝利を「必然」と言った背景には、自分たちのラグビーを追及し続けてきた結果に過ぎないからなのだろう。

日本中がラグビーの大金星に沸いた同じ日に、日本人の特長を伸ばし世界のレベルにまで押し上げた人物が亡くなった。
元サッカー日本代表監督のデットマール・クラマーだ。
かなりのサッカーファンでも彼の名を知る人が少ないのはとても残念だが、このラグビーの金星を機会に日本サッカー界にも偉大な指導者がいたことを知ってほしい。

ジョーンズとクラマーの共通点は日本人の長所を生かしたチームを時間をかけて作り上げたこと。
チームを作るというのは、うまい人間をあつめて烏合の衆の代表チームを作ることではないと思う。

↓日本の歴史的大金星で海外メディア殺到 指揮官「大きな反響」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000031-spnannex-spo

↓【コラム】デットマール・クラマーが日本サッカーに残したものとは――
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150921-00010003-sdigestw-socc
Wiki-matsudo
松戸SNS





.22 2015 スポーツ comment0 trackback0

タイブレーク

高校球児100%がタイブレーク導入に「NO!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140810-00000012-tospoweb-base

はじまりました、夏の甲子園。

一方、選手達の負担を減らす為に「タイブレーク」が検討されているそうですが、アンケートをとった球児達全員が導入に反対だそうです。
タイブレークを導入する前に、一試合あたりの投球数を制限する等もっと方法があると思いますね。

サッカーのPKもそうですけど、こんな方法で負けた日には悔しくてしょうがないですよ。

ちなみに、僕の今年の優勝校の予想は神奈川代表の東海大相模。
理由は4人の力のある投手がいること。
ローテーションが組めるのは有利だし、優秀なピッチャーを相手に打撃練習の出来るチームは打線も強力です。

もちろん、それだけで勝てるほど甲子園は甘くないですが、3回戦以降連戦になった場合には圧倒的に有利です。
Wiki-matsudo
松戸SNS





.11 2014 スポーツ comment0 trackback0

高校野球

今日は高校野球です。

それではご覧下さい。

高校野球大好き芸人
動画:20140731

20140807
動画:20140807

20140730
動画:20140730
Wiki-matsudo
松戸SNS





.01 2014 スポーツ comment0 trackback0

サッカーを語る人間

野球については結構みんなちゃんと語れるのに、なんでサッカーって批判どころか「今回のワールドカップで予選通過は無理なんじゃない」くらいの予想も言えないんでしょうか。

それもテレビだけじゃなく、飲み会のたわいもない会話でさえも。
なんか、日本代表の批評をすると「非国民的」な扱いにされるのに違和感を感じている。

北京オリンピックの時に野球の日本代表の試合をカミさんのお義母さんと見ていたとき、リリーフに中日の岩瀬が出て来た事がありました。
義母はすかさず「岩瀬に変えちゃ駄目よ」と星野采配を批判し、結果は義母の言う通り岩瀬が打たれて試合を落としました。
義母は特に野球ファンという訳でもなく、いつも義父が見ている野球中継をボンヤリながめている程度の知識だが、それでも北京オリンピック時の岩瀬の調子が悪い事を感じていた。

野球は素人でもこれくらいの知識はあるんですよね。

翻ってサッカーはどうか?

サッカーを語る人間に限って知識ばかりで、戦術や技術を語る人間が少ない。
つまり、うわべばかりで中身がない。

サッカーの解説者達は思っている事をテレビで言わないから、それを鵜呑みにしたサッカーファンも希望や夢ばかりを口にする。

落合博満の野球解説は悪い事ばかり言わないから嫌いだ、と言う人もいるがそれはそれで良いと思う。
それが多様性というものだし、落合だって野球が憎くて批評している訳ではないから。

そして、これが野球界とサッカー界の決定的な違いなのだが、こんなにテレビで辛口発言を連発し名球会入りを辞退した落合を監督として迎える球団も存在する。
そんな落合自身も、現DeNAの中村紀洋内野手がトンデモ発言を連発していた頃「あんな奴を、使う奴はいない」と酷評していたが、球界からソッポをむかれ野球浪人していた中村紀洋を救ったのも落合だ。

今、「自分たちのサッカー」って何?、とネットで“ネタ化されている。
ネットで批評している人たちは、サッカーファンばかりじゃないかも知れないが、読んでみると確かに正しいことを言っている。

お笑い芸人でサッカー好きでも知られている土田晃之が「仕僕はサッカーの仕事なくなったっていい」と言って、サッカー協会を痛烈に批判している。

世間はちょっとづつ、「日本代表批判」=「非国民」から変わりつつある。

今後、ツッチーのサッカー関連の仕事が増えるようであれば、日本のサッカーが強くなる兆しが見える気がする。

今が日本のサッカー界が変われるチャンスだ。

↓サッカーW杯敗退 「自分たちのサッカー」って何? ネットで“ネタ化”…
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140704/trd14070416300001-n1.htm

↓土田「僕はサッカーの仕事なくなったっていい」日本サッカー協会を痛烈批判!!!


Wiki-matsudo
松戸SNS





.06 2014 スポーツ comment0 trackback0
 HOME 

FC2カウンター

プロフィール

white

Author:white
松戸市の自動車販売店の
スタッフのたわ言です

リンク

ランキング

全記事表示リンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
6814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
店長ブログ
343位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

最新記事

管理人のお気に入りサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

廃車 軽貨物

  1. 無料アクセス解析